法的には大丈夫なの?|誰でもできる!クレジットカード現金化という現金を生み出す方法

誰でもできる!クレジットカード現金化という現金を生み出す方法

法的には大丈夫なの?

ハート型のお札

実際のところ、法律的にクレジットカード現金化は本当に安全な手法なのか?
という疑問もきっとあると思います。

まずサイトによってその答えがバラバラになっているので、結局のところよくわからなかったりするでしょう。
結論からいうと、やり方次第で合法か違法か変化します。

たとえば買取方式をおこなっている場合は「古物商」というものが絡んできます。
これは他人が持つ物を買い取り、それを転売することで利益を得ることになり、古物商を実施する場合は必ず古物商許可証を取得しなければいけません。
そして古物商許可証を得ると専用の番号が与えられます。
もしクレジットカード現金化業者が優良店であれば、必ずその番号を記載しているでしょう。
もし番号が見つからない場合は、悪徳業者の可能性が高いです。

一方でキャッシバック方式をおこなっている場合は「景品表示法」が大きく関わってきます。
景品表示法は不当な景品によって消費者の不利益が生じてしまうのを防ぐ法律となります。
たとえば誇大広告などで宣伝するのを禁止したり、過大な金品などを提供することを禁止するといった感じです。
ただクレジットカード現金化の場合は、その対象となる商品は粗末なものが多いです。
実際にクレジットカードで現金化することを考える人は、おそらく多額のお金を現金化したい人が多いでしょう。
しかしそのときに安っぽい商品を10万円で購入し、そこからキャッシュバックとして80%受け取った場合どうなのか?
これは問題視される可能性が高いといえるでしょう。
なのでキャッシュバック方式をおこなっている業者から優良業者を選ぶのはちょっと難しいかもしれません。